Rakuten

  • 楽天ダウンロード

おすすめ本

天気予報

最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

カウンタ

VC

admax

« 2013年2月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月 3日 (水)

三菱シーケンサの「GT SoftGOT1000」用のアクセスDLL「GDevlib_GT16.dll」の利用について

最近の仕事で、三菱のシーケンサソフトである「GT SoftGOT1000」との通信を行うものがあり、 そのアクセス用のDLLとしての「GDevlib_GT16.dll」を使用しました。

「GT SoftGOT1000」と通信を行うために、「GT SoftGOT1000」がインストールされているパソコンに さらに今回開発のプログラムと同一ディレクトリに「GDevlib_GT16.dll」を設置しました。

「GDevlib_GT16.dll」を使うにあたって、三菱さんからはサンプルプログラムが提供されていますが VC++のソースしか無かったので、今回VB.NET用に書き換えました。
VB.NET用のソースは以下にありますので、よろしければお使い下さい。 但し、間違い等があるかもしれませんので、責任は負いかねますのでご了承下さい。
(「GDevlib_GT16.dll」利用するためのクラスとして「CDev.vb」の1個のファイルにしてあります。)

尚、「GDevlib_GT16.dll」を使っての開発は、三菱さんに伺ったところ「VisualStudios2012上での開発については、保証外となります」 とのことですので、VisualStudio2008で開発を行いました。



■「CDev.vb」クラスの使い方
大体以下の様な感じで使えますが、ErrLogはこの関数外で宣言したエラー出力用の関数です。


■「CDev.vb」クラスのソース