最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

おすすめ本

AccRanking

Ad

2019年7月 3日 (水)

【MySQL】カラム名を囲むバッククオートについて

いつも何気なくカラムを使う時には、ほぼカラム名をバッククオート「`」で囲んでいます。
バッククオートは無くても問題は無いのですが、全角文字をカラムにしている場合は 経験上から気持ち悪いのでそうしています。

Oracleなんかだと、バッククオートではなくダブルクォートで囲みます。

以下の記事のテーブルを例にバッククオートでの囲み方を示します。

【MySQL】既に存在するTABLEに複数カラムを位置指定で追加する方法について(ALTER TABLE)


最初の SELECT 文はバッククオート無し TEST1 テーブルの全てを検索していますが、 2番目の SELECT ではカラム及び、テーブル名をバッククオートで囲っています。

バッククオートですが何が有利なのかと言えば、カラム名が予約語でもOKなのです。 (普通は予約語をカラム名にしませんが)
以下の例を見て下さい。 カラム名には相応しくない INSERT ですが、取り敢えずテーブルに追加して SELECT してみます。

結果は問題無く出来る様です。(しかし、予約語はいけませんが。)

バッククオートは少し面倒くさいのですが、カラム名などをはっきりと区別できる点もありますし、 使った方が良いと思います。 (テーブルの別名にもバッククオートは付加できます)

楽天市場

【MySQL】既に存在するTABLEに複数カラムを位置指定で追加する方法について(ALTER TABLE)

仕様変更などでテーブルのカラム追加が発生しますが、 この時複数のカラムを位置指定で行う方法について記します。

先ずは、最初に例となるテーブルを以下の様に作成します。 このテーブルはテストなので、特に主キーなどは追加しません。


このテーブルの COL2 の次に ADDCOL1ADDCOL2 と言う名前で VARCHAR 属性で追加します。


これを実行してテーブルを見てみると、カラムが追加されたことが分かります。

楽天市場

2019年6月 1日 (土)

【MySQL】文字列カラムに追加で更新する方法について(CONCAT)

VARCHARTEXT で定義されている文字列カラムに対して、文字列の追加更新を行う場合には 以下の様に CONCAT 関数を使って更新を行います。


この方法で一見よさそうなのですが、 更新対象のカラムが元々 NULL の場合には結果として NULL と更新されてしまいます。

CONCAT 関数は連結するデータが NULL の場合には NULL を返すため、 結果として対象のカラムが NULL に更新されます。

そこで以下の様に IFNULL 関数で NULL の場合には空文字('')の判定を行ってやります。


これで何とか目的の更新処理が行えると思います。


2019年4月 4日 (木)

ORA-28002: the password will expire within 7 days がログイン時に発生

久々にOracleネタですが、Oracleを動かそうとして、データベースに接続すると以下のエラーメッセージが表示されました。

エラーメッセージは ORA-28002: the password will expire within 7 days.

あと7日でパスワードの期限が切れますよというお知らせのようです。

以下のコマンドで、ユーザのパスワードを変更しました。

alter user 「USERNAME」 identified by 「PASSWORD」


これで、ORA-28002 のエラーが表示されない様になりました。


2019年2月 1日 (金)

確定申告:火災保険の損害保険金は非課税扱い

今年も2月となり確定申告の季節がやってきました。 毎年この季節になると少し憂鬱なのですが、そろそろ確定申告に向けて 去年の仕事の結果をまとめて決算を行う時期になりました。

去年は台風が立て続けにやってきて、我が家も痛手を被りました。 幸い火災保険を掛けていましたので痛んだところの補修はそれで改修できました。

ただ最近になってこの火災保険の損害保険金は収入になるのかが心配になりました。 収入になるのであれば確定申告でその他の収入か何かで計上しないといけなくなります。

そこでネットで調べると、損害保険金は収入では無く非課税扱いで、確定申告にも上げなくても 良いことが分かりました。取り敢えず一安心です。 (まあ、お上もこの保険金のお金までは税金を掛けない様です)
尚、この件は個人事業に関して適用されるようです。

取敢えず、国税庁のホームページを見てみると
-----
No.6157 課税の対象とならないもの(不課税)の具体例
-----
...
(4) 保険金や共済金・・・・資産の譲渡等の対価といえないからです。
...

との記述があり非課税の様です。