最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

おすすめ本

AccRanking

Ad

2019年6月 1日 (土)

【MySQL】文字列カラムに追加で更新する方法について(CONCAT)

VARCHARTEXT で定義されている文字列カラムに対して、文字列の追加更新を行う場合には 以下の様に CONCAT 関数を使って更新を行います。


この方法で一見よさそうなのですが、 更新対象のカラムが元々 NULL の場合には結果として NULL と更新されてしまいます。

CONCAT 関数は連結するデータが NULL の場合には NULL を返すため、 結果として対象のカラムが NULL に更新されます。

そこで以下の様に IFNULL 関数で NULL の場合には空文字('')の判定を行ってやります。


これで何とか目的の更新処理が行えると思います。


2019年4月 4日 (木)

ORA-28002: the password will expire within 7 days がログイン時に発生

久々にOracleネタですが、Oracleを動かそうとして、データベースに接続すると以下のエラーメッセージが表示されました。

エラーメッセージは ORA-28002: the password will expire within 7 days.

あと7日でパスワードの期限が切れますよというお知らせのようです。

以下のコマンドで、ユーザのパスワードを変更しました。

alter user 「USERNAME」 identified by 「PASSWORD」


これで、ORA-28002 のエラーが表示されない様になりました。


2019年2月 1日 (金)

確定申告:火災保険の損害保険金は非課税扱い

今年も2月となり確定申告の季節がやってきました。 毎年この季節になると少し憂鬱なのですが、そろそろ確定申告に向けて 去年の仕事の結果をまとめて決算を行う時期になりました。

去年は台風が立て続けにやってきて、我が家も痛手を被りました。 幸い火災保険を掛けていましたので痛んだところの補修はそれで改修できました。

ただ最近になってこの火災保険の損害保険金は収入になるのかが心配になりました。 収入になるのであれば確定申告でその他の収入か何かで計上しないといけなくなります。

そこでネットで調べると、損害保険金は収入では無く非課税扱いで、確定申告にも上げなくても 良いことが分かりました。取り敢えず一安心です。 (まあ、お上もこの保険金のお金までは税金を掛けない様です)
尚、この件は個人事業に関して適用されるようです。

取敢えず、国税庁のホームページを見てみると
-----
No.6157 課税の対象とならないもの(不課税)の具体例
-----
...
(4) 保険金や共済金・・・・資産の譲渡等の対価といえないからです。
...

との記述があり非課税の様です。

2018年11月 2日 (金)

【PHP】QRバーコードの生成の方法について

PHPでのQRバーコードの生成方法ですが、以下のサイトにフリーソフトが公開されていますのでこれを使ってみます。

QRcode Perl CGI & PHP scripts ver. 0.50

ページの下の方の「qr_img0.50j.tar.gz (1007KB)」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを展開し「qr_img0.50j」フォルダができますので、 PHPプログラムのあるディレクトリに全てをコピーします。

このプログラムの使い方は「qr_img0.50j/README.txt」に詳しく書かれていますが、 プログラムの出力が画像データそのものなので、HTMLのIMGタグのURLとして指定すれば ブラウザでQRコードが表示されます。

HTMLのソースは以下の様になります。

Qruploadimg1


PHPのプログラムで使う場合は以下の様なソースになります。

ここで注意するのは「qr_img.php」を呼出す場合は、URLをサイトの先頭から記述することです。
楽天市場

デル株式会社

2018年10月19日 (金)

【MySQL】UNION MINUS が無いので、代わりに NOT EXISTS を使う方法について

MySQLUNION MINUS が出来ないので、代わりに NOT EXISTS を使って実現します。
前回の記事の ユーザ変数を使って連番や、連続日付を取得する方法について のSQL文を参考にします。

8個の連続日付から、途中の4件を差し引く例を以下に示します。
最初の方のFROM句の中は、10日分の連続日付を生成するテーブル定義になります。
また、 NOT EXISTS 句のFROM句の中は、途中の日付から4日分の連続日付を生成するテーブルとなります。
それぞれのテーブルを日付カラムでリンクを行うと、出力として4日分の日付が中抜けした結果になります。
実行結果は以下の様になります。