Rakuten

  • 楽天ダウンロード

おすすめ本

天気予報

最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

カウンタ

VC

admax

« あるフォルダに置いて起動するとそのフォルダがカレントディレクトリになるバッチ(BAT)ファイル | メイン | VB.NET:2個のSpread間での[Enter]キー、矢印キーなどでフォーカス移動を行う方法 »

2016年3月12日 (土)

OracleでのPostgreSQLの「generate_series」(連続値の生成関数)的な使い方(LEVEL疑似列)

前回、PostgreSQLにおいて、複数行の整数を返すことができる関数「generate_series」を紹介しましたが、 Oracleでは関数ではなく階層問合せ用の「LEVEL疑似列」を使うことで可能になります。

以下のSQLの実行を見てください。(SQLコマンドラインから実行しています)

階層問合せにおいて「CONNECT BY」句は親子関係の条件を指定するのですが、 この場合は 「LEVEL疑似列」自身がそのまま、それ自体として条件づけられるので、 「LEVEL <= 5」により5個以下のレベル値が返るようです。 私自身もよくわかっていないのですが...

さらにこのSQL文をテーブルとして扱えば、以下の様にもできます。
■関連ページ
SELECT文に関する基礎的なこと
SELECT文に関する基礎的なこと2
副問い合わせを含むSELECT文について
集合演算子を使ったSELECT文について
CASE式を使ったSELECT文について


デル株式会社

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/459161/33766537

OracleでのPostgreSQLの「generate_series」(連続値の生成関数)的な使い方(LEVEL疑似列)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿