Rakuten

  • 楽天ダウンロード

おすすめ本

天気予報

最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

カウンタ

VC

admax

« 【EXCEL】セルの文字列入力で同一列の複数セルの罫線を引く方法 | メイン | BHT-BASIC4.0:配列のリサイズについて »

2016年11月 1日 (火)

【VisualBasic6.0】マウスのホイールボタンを使う方法

久々にVB6を動かすことがあったのですが、マウスのホイールボタンには対応していなくて ソースを見るのが「.NET」とは勝手が違いました。

VB6は相当古いソフトなのでマウスのホイールボタンには対応していないのですが、 調べてみると、ホイールボタンに対応するDLLをMicroSoftが提供していました。

■「VB6MouseWheel.exe」ファイルのダウンロード

Microsoft の以下サポートページより、「VB6MouseWheel.EXE パッケージ」をダウンロードします。

http://support.microsoft.com/kb/837910/ja(マイクロソフト サポート オンライン)

■「VB6MouseWheel.exe」ファイルの展開

「VB6MouseWheel.exe」を適当なフォルダにダウンロードし、実行すると以下のファイルが解凍されます。

・EULA.txt
・Main.bas
・VB6IDEMouseWheelAddin.dll
・VB6IDEMouseWheelAddin.vbp
・VBA Mouse Wheel Fix.reg


■「VB6IDEMouseWheelAddin.dll」ファイルのレジストリ登録

「VB6IDEMouseWheelAddin.dll」を適当なフォルダにコピーして、レジストリ登録を行います。
私は、「C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\VB98\」フォルダにコピーしました。
(64bitマシンだったので「x86」ですが)

その後で、Windowsシステムツールの「コマンドプロンプト」を管理者として実行し、ウインドウを開きます。 以下のコマンドを実行して、レジストリ登録を行います。

regsvr32 "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\VB98\VB6IDEMouseWheelAddin.dll"

■VB6のアドイン設定

VB6 の開発環境を開き、メニューの [アドイン] から [アドインマネージャ] を起動します。
[アドイン マネージャー] ボックスの一覧で、[MouseWheel Fix] を選択し、 [ロード/アンロード] チェックボックスと、[起動時にロード] チェックボックスをオンにします。
最後に「OK」ボタンをクリックし、開発環境を再起動すると、マウスのホイールが使用できるようになります。

Mousewheel



これでやっと、ソースを見るのが少し楽になりました。

デル株式会社

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/459161/33986900

【VisualBasic6.0】マウスのホイールボタンを使う方法を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿