最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

カウンタ

おすすめ本

AccRanking

« VB.NETでのUSBメモリーの存在確認の方法 | メイン | ブログにブログ内検索窓を付けてみました »

2015年4月17日 (金)

スマホに数十秒で充電できるバッテリー(FlashBattery - StoreDot)

IT系のニュースサイトによると、イスラエルのStoreDotという会社が、30秒でフル充電できるバッテリーの デモを公開しているようです。
スマホの充電はフルに行うと数十分から1,2時間掛かってしまうので、これが30秒ならば非常にありがたいです。

StoreDotのサイトを少し覗いてみました。

Storedot


いきなりトップページに「Charge any smartphone in just one minute」と記されています。
「どんなスマホでもちょうど1分で充電」とは技術に自信があるようです。

どんな技術なのか興味がわいたので、「Technology」のページを見てみました。


StoreDotの技術は、ユニークな方法論に基づいていて、電池、ディスプレイ、センサー、デジタルメモリの性能を向上させるための、 独自の有機化合物の材料の合成、調整、及びデザインを可能にしています。

StoreDotのコア技術は、生物学的ではなく、化学的合成された有機分子に基づいています。
この有機分子は、それ自身、同調可能な光学的および電気化学的特性を示し、 その鮮やかな色を放射し、エネルギー蓄積装置の性能向上を可能にします。

競合する技術は、主に重金属や有害金属を含む金属に基づいています。
対照的に、StoreDot有機化合物は、非毒性で環境に安全であり、 さらに、それらはわずかなコストで製造され、容易に入手可能であり、他の代替になりえます。

他のモバイル機器のバッテリーよりも100倍高速である非常に急速充電率を達成することにより、 StoreDotはわずか60秒でスマートフォンを充電可能になりました。
新世代のフラッシュバッテリーを工学の新しいアプローチを採用し、 StoreDotは完全に内部バッテリー·アーキテクチャを再設計しています。

以上、分かった様な、分からない様な説明がありますが、 要は「StoreDotのバッテリーは、化学的に合成された有機物質でできていて、 環境にも優しく、価格も安くて、スマホの充電時間が60秒できるすばらしい技術です」みたいな感じです。
この技術で作られるバッテリーをFlashBatteryと呼ぶようです。


さらに、「FlashBattery for Smartphone」のページには


あなたは、毎日、電話に充電することに1時間以上を費やします。
現在、あなたの人生は、StoreDotFlashBatteryシステムで変わろうとしています

StoreDotFlashBattery(瞬間充電バッテリー)は、 1分で十分な力を吸収する非常に高密度エネルギー・スポンジとして機能します。
そして、ほぼ丸一日持続する。
スマートフォン、ウェアラブル、タブレット、ノートPCとの互換性、 フラッシュバッテリーもポケットや車のバージョンで利用可能なフラッシュの充電器は、含まれています。
充電がとても速いので、彼らがすべての家族と同僚の電話に簡単に充電して、 自宅の一つのFlashChargerとオフィスで共有される1つは十分です。


既存のスーパーコンデンサ技術と同様で、FlashBatteryは、他のどのバッテリーよりも速く充電するが、 従来のリチウムイオンバッテリーより多くの電力を保存します。
速い充電と高電力の独特の組合せは、新世代FlashBatteryへの道を開きました。

リチウムイオンバッテリーがバッテリー能力を増やすことを目的とする間、 頻繁なスマートフォン充電用の成長を続ける必要性への取り組みために、StoreDotは全く新しいアプローチをしました。
StoreDotは、その研究室で合成される革新的な有機化合物を使い、 FlashBatteryのためにまったく新しいバッテリー構造を再設計しました。

さらに、高速充電がバッテリ寿命を短くするということは、一般に知られていますが、 FlashBattery構造は何千もの充電/放電サイクルに耐えます。
しかし、それによって実はバッテリ寿命を延長し、3年連続バッテリー作動のためにスマホに十分なサイクルを提供します。


FlashBatteryは、標準のリチウムイオン電池に比べて100倍高速で、 低い内部抵抗(ESR)および拡張エネルギー密度です。
FlashBatteryは、特別に高電流充電のために設計されたStoreDot独自の不燃性、 環境に配慮した有機化合物を用いた多層の安全保護を製造する。

標準のリチウムイオン電池ならば500回の充電/放電サイクルが、5倍の2500サイクルになります。
・・・


以上、StoreDotのサイトからの抜粋の拙い英訳でした。

この技術が本当になれば毎日のスマホの充電時間が画期的に短くなる様です。
FlashBattery恐るべし、夢のようなバッテリー・・・
しかし、どのくらいの大きさで重さ、価格になるのかが問題ですが。


さらに、FlashBattery、電気自動車のバッテリーの寿命を延ばせる技術にも応用できるとありました。
そうであれば、現在のリチウムイオンバッテリーの車はこのFlashBatteryに置き換わってしまうのでしょうか。 バッテリーの更なる小型化、軽量化が進めば自動車の軽量化、低価格化も進むのではないでしょうか。

ところでイスラエルといえば、カプセル型内視鏡を開発する企業があったり、 スマホ向け地図アプリの会社だったりと意外とベンチャー大国だったりします。
イスラエルは政府がベンチャー企業の後押しをしているそうです。
国自体が対アラブ、パレスチナと臨戦態勢の状態のため、軍事技術が発展していて そこからの民間との技術交流からいろんなベンチャーが出てくるらしいです。
そういえば、コンピュータもインターネットも元々軍事関係の技術から出発していますし・・・



富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/459161/33265287

スマホに数十秒で充電できるバッテリー(FlashBattery - StoreDot)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿