最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

カウンタ

おすすめ本

AccRanking

« 【PHP】配列の中に参照変数を持つことで別々の変数の要素を操作する | メイン | 【PHP】「stdClass」を関数の引数としての使い方について »

2018年8月14日 (火)

【PHP】可変変数と可変クラスの使い方について

PHPでは変数に関数名を設定し、その変数の後に括弧(())を付けることで、変数に設定された関数を実行します。 これは、似た様な関数を作成した時に、何かの条件で関数の実行振り分ける時に使えるかと思います。

以下の例では、2個の関数を宣言し、関数名の配列を宣言し、繰り返し処理でそれぞれの関数を実行しています。


結果は以下の表示になります。

それぞれの関数が実行されたことが分かります。


可変関数の方法をクラスにも適用できます。 可変関数の様に別名のクラスを用意し、同じメソッドを持たせてみます。

この結果は以下の様に、クラスが順次生成され、「hello」メソッドが呼び出されることが分かります。


楽天市場

デル株式会社

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/459161/34139883

【PHP】可変変数と可変クラスの使い方についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿