Rakuten

  • 楽天ダウンロード

おすすめ本

天気予報

最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

カウンタ

VC

admax

« ArrayList と Hashtable の合体クラス | メイン | VB.NET:マーシャリングを使用した、バイト配列から構造体へのコピー »

2015年3月18日 (水)

ADO.NET を使用した SQL-Server へのアクセス・クラス

ADO.NET を使用した SQL-Server へのアクセス・クラスの簡単なものを作成してみました。
このクラスを元にして拡張したものを仕事でも使っています。

このクラス「clsSqlServer」には以下のメソッド・プロパティが備わっています。

メソッド・プロパティ概要
New コンストラクタ(引数にデータベース接続文字列を渡す)
BeginTransaction トランザクション開始
Commit トランザクションコミット
Rollback トランザクションロールバック
CloseConnection コネクションの解除
OpenDataReader SELECT文SQLの実行とDataReaderへの読込
CloseDataReader DataReaderのクローズ
ExeSQL DML-SQL文の実行
CnvReaderToHashtable DataReaderの結果ItemsをHashtableに変換



今回のクラスのテストプログラムを以下に載せますが、SQLサーバへの接続文字列は以下の様にしています。

キーワード概要(設定値)
Persist Security Info ID やパスワードなどのセキュリティ関連情報の破棄指定(False)
Integrated Security 現在のWindowsアカウントでの認証(SSPI)
Database データベース名(取敢えず「TEST」)
Data Source SQL Serverのインスタンスの名前
(Microsoft SQL Server Management Studio Express:.\SQLEXPRESS)



このテストは、システム日付をSELECTで実行し、SqlDataReaderに取得しています。SqlDataReaderから日付を取り出して その後、クラスのクローズを行っています。

■「clsSqlServer」の使用テストソース1


以下に、clsSqlServerの全体のソースを載せます。バグがあるかもしれませんが悪しからず。

■「clsSqlServer」のソース

■関連記事
VB.NET:ADO.NETを使用したSQL-ServerのテーブルのCSV出力
BCPコマンドでUnicode文字形式を使用したデータのインポート及びエクスポート(SQL Server)について
ADO.NET での DataReader の入れ子エラー
SQL-Serverの自動採番(IDENTITY値)の取得・リセット
SQL-Serverのストアド・ファンクションではUPDATEなどが実行できない
SQL-Serverのユーティリティ(BCPコマンド)を利用したテーブルへのインポート・エキスポート
SQL-Serverのプロシージャ生成のバッチ実行
SQL-Serverの関数・プロシージャのVB.NETでの実行


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/459161/33201075

ADO.NET を使用した SQL-Server へのアクセス・クラスを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿