Rakuten

  • 楽天ダウンロード

    楽天市場

おすすめ本

天気予報

最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

カウンタ

VC

admax

« EXCEL:CSVファイル読込で、先頭ゼロのデータをそのまま表示させる方法 | メイン | VB.NET:アプリケーションのエントリポイント(Mainメソッド)について »

2016年3月26日 (土)

VB.NET:ADO.NETを使用したSQL-ServerのテーブルのCSV出力

ADO.NET を使用した SQL-Server のテーブルをCSVファイルに出力する簡単な関数を作成してみました。

CSVファイルを作成する関数への引数は、データベース名とデータソース名と、SQL文、それとCSVファイル名とCSV内のカラムヘッダを 出力するかのフラグになります。

CSV出力処理関数内では SQL-Server への接続をオープンし、指定されたSELECT文を実行します。 SELECT文の結果の行が在れば、1行づつデータを取得します。 初回の行の処理の場合には、リーダーオブジェクトからカラム名を取得しヘッダ行を書き込みます。 その後、各データ行をCSVファイルに書き込みます。 CSVの各データは強制的にダブルクォートで囲む様にしていますので、 データ内のダブルクォートはエスケープ処理しています。


尚、今回のテーブルは以下の生成文で生成しました。

結果的にCSVファイル内容は以下の様になります。


■関連記事
BCPコマンドでUnicode文字形式を使用したデータのインポート及びエクスポート(SQL Server)について
ADO.NET での DataReader の入れ子エラー
ADO.NET を使用した SQL-Server へのアクセス・クラス
SQL-Serverの自動採番(IDENTITY値)の取得・リセット
SQL-Serverのストアド・ファンクションではUPDATEなどが実行できない
SQL-Serverのユーティリティ(BCPコマンド)を利用したテーブルへのインポート・エキスポート
SQL-Serverのプロシージャ生成のバッチ実行
SQL-Serverの関数・プロシージャのVB.NETでの実行

デル株式会社

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/459161/33779609

VB.NET:ADO.NETを使用したSQL-ServerのテーブルのCSV出力を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿