LSF

  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

天気予報

最近のトラックバック

  • event (夢茶爺&苦茶爺のPC奮戦備忘録)

カウンタ

Amazon

Powered by Six Apart

VC2

  • デル株式会社

pitta

« 「GoogleMap API V3」 の使い方その5(続イベント) | メイン | 「GoogleMap API V3」 の使い方その7(ポリライン・ポリゴン) »

2011年5月27日 (金)

「GoogleMap API V3」 の使い方その6(続々イベント)

マップのイベントとマーカーのイベントの複合的な使い方

マップ上でクリックした位置にマーカーを表示し、さらにそのマーカーをクリックした時に マーカーの緯度経度の値を情報ウインドウに表示します。

この例は、Googleのサンプルとして乗っているものを変更したものです。
マップ上でのクリックイベント時の関数を設定し、その中でマーカーを生成し、さらに情報ウインドウの表示を 行うように、マーカーのクリックイベント時の関数を設定しています。

また、マーカーを生成した時に、そのマーカーをグローバル変数の配列に保存し、その配列のマーカーを 使って、再表示、クリア、削除処理を行っています。
マップ上をクリックするとマーカーを表示します。
さらにそのマーカーをクリックすると緯度経度をウインドウに表示します。

     


■関連記事
「GoogleMap API V3」 の使い方その1
「GoogleMap API V3」 の使い方その2
「GoogleMap API V3」 の使い方その3(マーカーの表示)
「GoogleMap API V3」 の使い方その4(イベント)
「GoogleMap API V3」 の使い方その5(続イベント)
「GoogleMap API V3」 の使い方その7(ポリライン・ポリゴン)
「GoogleMap API V3」 の使い方その8(ジオコーディング)
「GoogleMap API V3」 の使い方その9(ルート検索)
「GoogleMap API V3」 の使い方その10(ルート検索2)
「GoogleMap API V3」 の使い方その11(さらにInfowindow)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/459161/26540704

「GoogleMap API V3」 の使い方その6(続々イベント)を参照しているブログ:

コメント

こんばんは、お世話になります。使い方その6でマーカー登録して保存したいです。
また、吹き出しにURL、写真、コメント入れたいです。
削除するにはPWで削除するようにするにはどうしたらいいのでしょう?
教えて欲しいです。
rain

>吹き出しにURL、写真、コメント入れたいです
setMarkerListener()関数内の情報ウィンドウの生成での
contentString の内容はHtmlテキストがOKですので
aタグやimgタグを設置するようにしてはどうでしょうか。

>削除するにはPWで削除するようにするにはどうしたらいいのでしょう
この例ではマーカーはソース上の配列に保存しますので
この要望はできないかと思われます。

こんばんは。ありがとうございます。
マーカーはソース上の配列に保存とのことですが、別途保存するにはどうしますか?
質問ばかりですみませ~ん。

Javascriptなのでローカルサイドでのクッキーでの保存になるかと思います。
私はやったことがないので詳細はお知らせできません。coldsweats02
だれか回答をいただけるとありがたいのですが。。。

こんばんは。ありがとうございます。
がんばってみます。

はじめまして、つかぼんと申します。
とてもわかりやすく、参考になりました。
本家は、英語なので戸惑っていました。
ありがとうございます。

つかぼん様
お役に立ててうれしいです。

コメントを投稿